輸入カーテンが主役の窓コーディネート » 知っておきたいカーテンの素材ごとの特徴をご紹介 » リネンカーテン

リネンカーテン

リネンカーテンの特徴

リネン(亜麻)は植物のフラックスから採取される自然素材の繊維です。太さが異なる繊維を細かく織り込むことで、独特の素朴な風合いを醸し出し、使い込むにつれて次々と新しい表情を見せてくれます。稀少性を有するため、ポリエステル、ナイロン、アクリルなどの化学繊維と比較して高価ですが、その柔らかな肌触りと、なにより化学物質を含まない安全性は大きな魅力です。

リネンカーテンの魅力

リネンカーテンの魅力は数え切れず、まずは見た目の美しさが見過ごせません。さらに上質なリネンの肌触りの良さは特筆モノで、静電気が発生しにくいため帯電しにくいのも嬉しいメリットです。次にお手入れ面に関しても、化学繊維と比較してホコリがつきにくく落としやすく、通気性に優れているため乾きやすく、丈夫で長持ちします。さらに完全に太陽光を遮断してしまわず、適度な陽射しが感じられ、室内の湿度を調整してくれます。大切に使い続けるうちに風合いを増し、丈夫で長持ちである点からも、中長期的に見てコスパに優れた製品と言えるでしょう。

リネンカーテンが似合う部屋のテイストは?

リネンのカーテンはさまざまなテイストの部屋を、そのデザインと品質で上手にコーディネートしてくれます。あえてマッチングに優れた部屋を上げるとすれば、白っぽい明るい壁に、多くの家具類が詰め込まれ過ぎていない、空間を活かした部屋が思い浮かびます。

メリット・デメリット

リネンのカーテンの数々の魅力をメリットと捉えるのであれば、一方のデメリットに関しても、正しい関連知識を備えておくべきでしょう。まずは自然素材のため、加工に手間を要して高額である点があげられます。また湿度に応じて伸縮するため、化学繊維と比較してシワが生じやすく、遮光目的での使用には不向きです。