輸入カーテンが主役の窓コーディネート » オトナ女子のための、高級輸入カーテンブランド » JIM THOMPSON(ジムトンプソン)

JIM THOMPSON(ジムトンプソン)

JIM THOMPSON(ジムトンプソン)について、どんな特徴のあるブランドなのか、発祥国はどこか、どんなテイストに合うデザインが多いのかなどを紹介します。

デザイン例

  • 引用元HP:MANAS TRADING INC.<br>http://www.manas.co.jp/jim-thompson/floriental/
  • 引用元HP:MANAS TRADING INC.<br>http://www.manas.co.jp/business-user/imported-brand/jim-thompson/
  • 引用元HP:MANAS TRADING INC.<br>http://www.manas.co.jp/business-user/imported-brand/jim-thompson/
  • 引用元HP:MANAS TRADING INC.<br>http://www.manas.co.jp/business-user/imported-brand/jim-thompson/
  • 引用元HP:MANAS TRADING INC.<br>http://www.manas.co.jp/business-user/imported-brand/jim-thompson/

ジムトンプソンでは、こだわり抜いて厳選された麻を使用しているため、触り心地、透け感、シャリ感などの全てが魅力的なカーテンです。落ち着いた色味が上品ながらゴージャスな印象を与えます。

上質なリネンを使用したラインには、カラハリ砂漠からインスピレーションを受けてデザインされたそうです。透過性があり、光を柔らかくしてくれるため、部屋を上品で温かい雰囲気にしてくれます。

ジムトンプソンの自宅は、ジャングルのように熱帯雨林の木などが多かったそうで、そんな木々からインスピレーションを受けてデザインされたカーテンが多くあります。南国の雰囲気をもつエキゾチックなアイテムを取り揃えています。

JIM THOMPSON(ジムトンプソン)の特徴

タイシルクと言えばJIM THOMPSON(ジムトンプソン)。そのくらい、上質なタイシルクを扱うブランドとして有名で、今はインテリアファブリックだけでなく、アパレルや小物など、幅広く展開しています。

元々は人の名前であるジムトンプソン。彼は、建築家や軍隊、CIAの前身であるOSSなど、多くの経験を積み、終戦時にいたタイでタイシルクと出会います。タイシルクに魅了された彼はニューヨークで売り込みを行い、1948年にはタイシルク商会を設立。細々と展開していたタイシルクを有名にし、産業として成長させたのがこのブランドなのです。

発祥国

タイ

合うテイスト

上質のタイシルクを使用しているため、どんなデザインでも高級感があり、ゴージャスな印象を与えてくれます。JIM THOMPSON(ジムトンプソン)のデザインは、基本的にはエキゾチックな雰囲気のデザインが多いのですが、中には和モダンやクラシック、ゴシックスタイルに合うようなテイストのアイテムが揃っています。

取扱い店舗

  • サンクリドー
  • ルドファン

東京の輸入カーテン専門店ついて
詳しく見たい