輸入カーテンが主役の窓コーディネート » オトナ女子のための、高級輸入カーテンブランド » JIM THOMPSON(ジムトンプソン)

JIM THOMPSON(ジムトンプソン)

JIM THOMPSON(ジムトンプソン)について、どんな特徴のあるブランドなのか、発祥国はどこか、どんなテイストに合うデザインが多いのかなどを紹介します。

デザイン例

  • 引用元HP:MANAS TRADING INC.<br>http://www.manas.co.jp/jim-thompson/floriental/
  • 引用元HP:MANAS TRADING INC.<br>http://www.manas.co.jp/business-user/imported-brand/jim-thompson/
  • 引用元HP:MANAS TRADING INC.<br>http://www.manas.co.jp/business-user/imported-brand/jim-thompson/
  • 引用元HP:MANAS TRADING INC.<br>http://www.manas.co.jp/business-user/imported-brand/jim-thompson/
  • 引用元HP:MANAS TRADING INC.<br>http://www.manas.co.jp/business-user/imported-brand/jim-thompson/

ジムトンプソンでは、こだわり抜いて厳選された麻を使用しているため、触り心地、透け感、シャリ感などの全てが魅力的なカーテンです。落ち着いた色味が上品ながらゴージャスな印象を与えます。

上質なリネンを使用したラインには、カラハリ砂漠からインスピレーションを受けてデザインされたそうです。透過性があり、光を柔らかくしてくれるため、部屋を上品で温かい雰囲気にしてくれます。

ジムトンプソンの自宅は、ジャングルのように熱帯雨林の木などが多かったそうで、そんな木々からインスピレーションを受けてデザインされたカーテンが多くあります。南国の雰囲気をもつエキゾチックなアイテムを取り揃えています。

JIM THOMPSON(ジムトンプソン)の特徴

タイシルクと言えばJIM THOMPSON(ジムトンプソン)。そのくらい、上質なタイシルクを扱うブランドとして有名で、今はインテリアファブリックだけでなく、アパレルや小物など、幅広く展開しています。

元々は人の名前であるジムトンプソン。彼は、建築家や軍隊、CIAの前身であるOSSなど、多くの経験を積み、終戦時にいたタイでタイシルクと出会います。タイシルクに魅了された彼はニューヨークで売り込みを行い、1948年にはタイシルク商会を設立。細々と展開していたタイシルクを有名にし、産業として成長させたのがこのブランドなのです。

ジムトンプソンの歴史

タイシルクを扱うブランドの中でも、飛び抜けた高級感と独特の美しさを表現している「ジムトンプソン」。

このジムトンプソンがタイシルクに惹かれ、ブランドを立ち上げるまではタイシルク産業は衰退していたそうです。 しかしその魅力に心打たれたジムトンプソンは、自身の資産をほぼ投入して事業を展開、タイシルク産業を復興させました。 現在ジムトンプソンはバンコクに12店舗、それ以外にも13店舗を展開しており、みやげ品としても高い人気があります。

ジムトンプソンの魅力は、そのデザイン性はもちろんですが、タイシルクの中でも非常に高品質であること、また豊富な商品展開が挙げられます。 品質を考えてコストパフォマンスがよい点も、人気の理由だといえるでしょう。

ジムトンプソンのタイシルクは、養蚕農家選びから相当なこだわりがあります。糸を染めたり、シルク織り、そしてプレスまですべて手作りで行われており、ジムトンプソンのこだわりが伺いしれます。

設立者ジム・トンプソンについて

タイシルク産業の第一人者であるジムトンプソンですが、出身はアメリカのアメリカ人です。1906年にデラウェア州で生まれ、プリンストン大学を卒業。その後ペンシルベニア大学に進学し、建築を学んで建築家として活動していました。

しかし第2次世界大戦で自ら志願してアメリカ陸軍の一兵卒として入隊します。 入隊後はノースカロライナ州に少尉とし赴任しましたが、1942年にCIAの前身機関、OSSLに転属。カリフォルニア週で秘密工作の訓練を受け、ノルマンディー上陸作戦に従軍して、ヨーロッパで活動していました。

バンコクに赴任したのは第2次世界大戦の終結間際のことです。 第2次世界大戦が終結したことで帰国命令が出たのですが、妻と離婚したことなどからタイに残ることを決意、そこでタイシルクと出会いジムトンプソンブランドを設立しました。

ジムトンプソンブランドは世界中に知られる一大ブランドとなり、ジムトンプソンは大成功を収めます。

しかし1967年、バカンスで訪れていたマレーシアのキャメロンハイランドにある友人の別荘を訪れていた際に謎の失踪を遂げます。 マレーシア軍や警察など、数100名を動員して捜索にあたりましたが、発見には至りませんでした。
失踪については営利目的での誘拐ではないか、はたまた暗殺ではないかなどさまざまな憶測が飛び交いましたが、現在もジムトンプソンの行方や生死については謎のままです。

ジムトンプソンの口コミ・評判

自分用にもプレゼント用にもおすすめ

ジムトンプソンは大好きなのでいろいろなアイテムを集めています。 独特のデザインのものも素敵ですし、シンプルなデザインもお気に入りです。

最近はコインケースを購入しましたが、使うのがもったいないような美しさで、見ているだけで幸せ。 急なプレゼントに使えるように、ちょっとしたアイテムもいくつか購入して保管しています。

同じ形の違う柄をリピートしています

小ぶりのポーチを気に入っていて、ひとつ買って使い続け、古くなってきたら同じ形で違ったデザインのものを購入し、リピートしながらずっと使っています。 本当にいろいろなデザインがあるので、毎回購入するのが楽しみです。

今回は小さな象が一面に描かれているデザインのものを購入。 肌触りもよく、バッグの収まりもよいのでずっと使い続けます。

ハンカチを別の用途で使っています

ジムトンプソンが大好きでいろいろ持っていますが、ハンカチをスカーフ代わりにしたり、ちょっとしたものを包むのに使っています。 プレゼント用として購入することも多いです。

シルクなのでハンカチとして使用するのは気が引けますが、バッグに一枚入れておくとちょっとしたときにいろいろ使えるので重宝します。

合うテイスト

上質のタイシルクを使用しているため、どんなデザインでも高級感があり、ゴージャスな印象を与えてくれます。JIM THOMPSON(ジムトンプソン)のデザインは、基本的にはエキゾチックな雰囲気のデザインが多いのですが、中には和モダンやクラシック、ゴシックスタイルに合うようなテイストのアイテムが揃っています。

取扱い店舗

  • サンクリドー
  • ルドファン

東京の輸入カーテン専門店ついて
詳しく見たい