輸入カーテンが主役の窓コーディネート » オトナ女子のための、高級輸入カーテンブランド » andrew martin.(アンドリュー・マーティン)

andrew martin.(アンドリュー・マーティン)

andrew martin.(アンドリュー・マーティン)について、どんな特徴のあるブランドなのか、発祥国はどこか、どんなテイストに合うデザインが多いのかなどを紹介します。

デザイン例

  • 引用元:andrew martin.公式HP<br>https://www.andrewmartin.co.uk/
  • 引用元HP:andrew martin.公式HP<br>https://www.andrewmartin.co.uk/
  • 引用元HP:andrew martin.公式HP<br>https://www.andrewmartin.co.uk/
  • 引用元HP:andrew martin.公式HP<br>https://www.andrewmartin.co.uk/
  • 引用元HP:andrew martin.公式HP<br>https://www.andrewmartin.co.uk/

まるで工芸品のようなデザインが特徴的なアイテムが多く取り揃えてあります。色合いの美しさが際立ち、部屋に高級感を出すアクセントとしてピッタリです。

独創的なデザインをモチーフにした、遊び心溢れるアイテムも。デザインが目を惹くだけでなく、扱いやすい素材を使用しており機能的な一面も。

リネンとウールの自然素材が美しいアイテムには、シンプルながら、デザインが輝く上品でラグジュアリー感溢れるカーテンとなっています。

andrew martin.(アンドリュー・マーティン)の特徴

1978年にリッチモンドで設立されたandrew martin.(アンドリュー・マーティン)。シンプルさを大切にしながらも、革新的なデザインと独創的なカラーリング、独特のテクスチャーが話題を呼び、世界中で注目を集めています。最初はファブリックから始めたものの、今では家具やアクセサリーなど幅広いアイテムを扱っており、55カ国もの国々で愛されています。
さらに、インテリアデザインのオスカーと呼ばれるAndrew Martin Interior Designer of the Year Awardを主催することで優秀なデザイナーを後押ししています。

発祥国

イギリス

合うテイスト

アンドリュー・マーティンには、さまざまなテイストのアイテムがあるため、選び次第でどんな部屋にも合わせることができます。柄がシンプルなものも、素材にこだわっていたり、ラメ糸を入れることでゴージャス感を出すなど、細かな工夫がされているものが多くなります。
アンドリュー・マーティンのアイテムをひとつ入れるだけでも、部屋に高級感を出すことができます。モダンテイスト、クラシックテイスト、ナチュラルテイストの部屋に特によく合うかと思います。

取扱い店舗

  • サンクリドー
  • ホームデコア
  • カーテンココ 中目黒店

東京の輸入カーテン専門店ついて
詳しく見たい