輸入カーテンが主役の窓コーディネート » 部屋のテイストで選ぶ、カーテンスタイル » 素材感の良さが際立つ、ナチュラルな輸入カーテン

素材感の良さが際立つ、ナチュラルな輸入カーテン

ナチュラルスタイルとは、飾り気がなく、シンプルで自然なスタイルを指します。過ごしやすく、居心地のいい部屋にするために、余分なものは置かず、自然素材を積極的に使うと安心して過ごすことのできるナチュラルスタイルの空間になります。シンプルなインテリアに加え、差し色でコーディネートを楽しめるのもナチュラルスタイルの良さなので、部屋全体が落ち着いた空間になるよう、ひとつひとつのファブリックの選び方が大切になってきます。

カーテンコーディネート

ナチュラルスタイルのカーテンをメインに取り扱う専門店の中で、サンプル数の一番多い「サンクリドー」のコーディネートを紹介します。
ナチュラルスタイル写真1
引用元:サンクリドー公式HP
https://www.mobiria-nakajima.com/works121_designers-guild_camengo/

メインとなるソファー以外はベージュ系の家具で統一し、シンプルな雰囲気にしています。そこに、ポップな色合いのソファーやクッションを置くことで、明るい色合いが強調されて元気な雰囲気になっています。

カーテンにはナチュラルなものを選び、部屋に観葉植物などを置かなくても目を楽しませることのできる柄・カラーを選んでいます。タッセルも緑で合わせて統一感をだしています。

ナチュラルスタイル写真2
引用元:サンクリドー公式HP
https://www.mobiria-nakajima.com/category/materia/type/

温かみを意識した空間です。家具はブラウンで統一し、主張の少ない落ち着きのあるものをセレクト。部屋の各所に緑を置き、レースカーテンにも緑が描かれたものを選んでいます。

バーチカルブラインドとレースを組み合わせており、レースカーテンはあえてヒダをつくらず、さらに窓の大きさでなく床まで長さをのばして設置することで草花の絵を楽しむことができるように工夫されています。

温かみのある暖色系の電球色が、より部屋の温かみを増しています。

ナチュラルスタイル写真3
引用元:サンクリドー公式HP
https://www.mobiria-nakajima.com/works152_creation-baumann_casamance/

一見モダンなテイストの部屋です。全体的にシンプルで黒とブラウン系でカラーを統一しています。

小さな窓のシェードにもシンプルなブラウン系を選び、まとまりをだしてます。それだけだとモダンでシンプルなだけの部屋ですが、壁一面の大きな窓に緑のグラデーションを楽しむことのできるバーチカルブラインドを設置

締めていても太陽光で明るく輝き、部屋を明るくしてくれるブラインドの効果でナチュラルな雰囲気になっています。ほかのすべてのカラーを統一させていることで、ブラインドがアクセントになっていい味をだしています。

ナチュラルスタイル写真
引用元:サンクリドー公式HP
https://www.mobiria-nakajima.com/works78_hunterdouglas_fede/

ソファーに腰掛けたときに、空の風景をご覧になりたいとの要望に応えて、フロントレーススタイルを。日中は、レースで陽射しを遮り、夜はデュエットシェードを閉じることによって、ドレープの役割も果たします。

レースは、透明度の高いオーガンジーに、グレイシルバーの糸で刺繍が施されています。

レースの透け感と質感がナチュラルスタイルながらも上品な空間を演出しています。

ナチュラルスタイル写真5
引用元:サンクリドー公式HP
https://www.mobiria-nakajima.com/category/materia/type/

赤をテーマにして、緑を楽しめるような空間にしています。

大きな窓と小さな窓には、ドレープカーテン、ロールカーテンが設置されています。そのすべてが違う生地でつくられており、カラーを統一していることでまとまりがでています。

木のぬくもり溢れるダイニングテーブルや部屋の観葉植物など、部屋のところどころでナチュラル感を楽しむことができます。

サンクリドーに
電話で問い合わせる

サンクリドーの
輸入カーテンが欲しい

スタイルのポイント

ナチュラルスタイルにするには、自然素材をあえてだすため、木や生成りのコットンなどを余計な手を加えずに自然な状態で使用することが重要です。
カーテンには、なるべくヒダやボリュームを少なくして、シンプルに。シェードやロールカーテン、木製ブラインドもぴったりです。

使用されることの多い素材

自然素材である、コットンやリネンが使われることが多くなります。生成りや淡い色にすることでよりナチュラルスタイルになります。ビビットカラーを入れる場合は、淡い色合いのインテリアと合わせることで暖か味が演出できます。
コットンやリネンは風合いや触り心地がいいのですが、値段が高めで縮んだりシワになりやすいため、メンテナンスは専門店へ依頼することをおすすめします。