輸入カーテンが主役の窓コーディネート » 部屋のテイストで選ぶ、カーテンスタイル

部屋のテイストで選ぶ、カーテンスタイル

ここでは、お部屋のテイストに合ったカーテンを紹介しています。どんなお部屋にコーディネートしたいかで、カーテンを選んでみましょう。

モダンスタイルの輸入カーテンでスタイリッシュな空間に

モダンスタイルは、バリバリ働いている方によく好まれる、都会的かつ近代的で、シャープなイメージのスタイルです。温かみは必要ありません。そのため、色合いは白や黒、グレー系などの落ち着いたシックな色を選び、そこに自分らしいアクセントカラーを加えます。インテリアは直線的でシャープなものを置き、スチールやコンクリート、金属などの素材がよく合います。デザインは無地がぴったりですが、多少の柄をいれたい場合は織り模様や細いストライプにしましょう。
実際に、おすすめしたいショップが施工したコーディネート例も紹介しています。

北欧風の輸入カーテンで親しみやすい部屋に

IKEAの影響で、安価に北欧風ファブリックを入手できるようになってから、日本でも北欧風のインテリアが人気を博しています。北欧風の部屋にしたいのであれば、全体的にベースはホワイト系で、家具はシンプルにします。北欧家具を入手できればいいのですが、難しければウッドテイストのものをメインに選びます。温かみのある優しい照明にして、あとは楽しいと感じるようなインテリアを選びます。北欧風の一番重要な点は、ビビットな指し色や北欧ファブリックで楽しむことです。カーテンなども、大きな柄の可愛い生地を選びましょう。
実際に、おすすめしたいショップが施工したコーディネート例も紹介しています。

エレガント・クラシックな輸入カーテンで高級感を演出

エレガントスタイルとクラシックスタイルは、トラディショナルスタイルという意味で共通しています。違いといえば、クラシックはフォーマル、エレガントはインフォーマルという部分です。クラシックスタイルは、重厚で古典的なイメージを大切にするため、ダーク系を選び、伝統的な文様やペイズリー柄のデザインで、高級感のある生地を。エレガントスタイルは、上品さが大切なので、グレイッシュカラーを選び、花柄や無地のデザインで、光沢のあるシルクやサテン生地が合います。
実際に、おすすめしたいショップが施工したコーディネート例も紹介しています。

飽きのこない輸入カーテンなら、カジュアルスタイル

若々しく、元気な雰囲気を表現するのがカジュアルスタイルです。シンプルな中ににぎやかさやスポーティさを組み込む、わくわくするような楽しい空間をつくることが大切です。丸みのあるインテリアを選び、ビビットカラーなど、コントラストが強い色合いを選びます。デザインは思い切った柄や大きなチェック、ストライプなどがぴったりです。北欧風で有名なIKEAでも、選べばカジュアルスタイルにすることができます。
実際に、おすすめしたいショップが施工したコーディネート例も紹介しています。

素材感の良さが際立つ、ナチュラルな輸入カーテン

シンプルで素材感を楽しむのがナチュラルスタイルです。そのためには、派手な色合いやごちゃごちゃした印象の小物や柄は避け、シンプルさで勝負することが必要です。心が落ち着くような、温かみのある生成りや淡い色合いを選び、シェードや木製ブラインドを選ぶのもいいでしょう。シンプルで素材感を楽しむのがナチュラルスタイルです。そのためには、派手な色合いやごちゃごちゃした印象の小物や柄は避け、シンプルさで勝負することが必要です。心が落ち着くような、温かみのある生成りや淡い色合いを選び、シェードや木製ブラインドを選ぶのもいいでしょう。ボリュームをつくるよりも、紐で一枚の生地を吊り下げるくらいシンプルなほうが、生地の質感を活かせてちょうどいいのです。
実際に、おすすめしたいショップが施工したコーディネート例も紹介しています。